キレイな海をダイビングしてみたい

水族館に行くと、魚たちが優雅に泳いでいます。

そんな魚たちを観ていると、一緒に泳いでみたくなります。

浅いところを潜るなら、シュノーケルをつけて泳げます。

しかし、ダイビングは深いところを長時間泳げます。

以前、沖縄の海でマリンスポーツをいろいろ体験しました。

シーウォークといって、水深5メートルの海底を歩きました。

しかし、ダイビングのように酸素ボンベは背負わず、宇宙服のヘルメットのようなものをかぶり、そこへ船から酸素を送ってくれました。

10人くらいで吊革のようなものを握りながら、みんな一緒に歩きました。

そして、魚たちにソーセージをえさとしてあげました。

魚たちが自分の手に群がり、えさを食べる姿がかわいかったです。

シュノーケルをつけて浅いところを潜りました。

しかし、魚はほとんどいませんでした。

グラスボートという底が透明になっている潜水艦にも乗りました。

珊瑚礁や魚たちをたくさん観ることができました。

そのキレイな海を、今度は自分の力でダイビングしてみたいです。沖縄ダイビングをするには、練習をしなくてはいけないそうです。

酸素ボンベは重く、呼吸の仕方や潜る方法などはとても難しいと思います。

しかし、いつかダイビングしてみたいです。